建築物の設計は大きく分類すると
意匠設計・構造設計・設備設計の三つに分かれます。

建築物の設計は大きく分類すると
意匠設計・構造設計・設備設計の三つに分かれます。

設備設計

建築物・構造物などにおける環境・エネルギーを最適化して快適な室内環境を設計します。<水・空気・電気>、給排水、空調、電気、昇降機設備の設計により、建築物の室内空間おける建設コスト+運用コスト(光熱水費・メンテナンス費・修繕費)を削減して快適性、機能性、安全性、利便性、省エネルギー・省資源における「品質」を提案します。

意匠設計

さまざまな条件・環境を考慮して建築物・構造物などを美しくデザインします。
建築物の構造・外観・室内空間のデザインや間取り構成を含む、建築物の形態に関わる部分のすべてを設計します。

構造設計

建築物・構造物などの構造の強度にかかわる土台と骨組みを設計します。完成後に遭遇する積雪・地震なども想定して建築物・構造物などが壊れないように、安全性・機能性・経済性を考慮して、主に力学的な観点から土台・柱や梁の性能・形状・配置などを決定します。

「設備設計」と言っても、ただ単に図面を作成するだけではありません。お客様のご要望に基づき省エネやコスト等を考慮した基本計画の立案、発注のための部材や機器のコスト計算(積算)、施工時の工程管理や品質管理など業務は多岐にわたります。黒田設備設計では竣工後の運用管理・支援など、建築物をより良く維持するための調査・コンサルティングも行っています。

ホームページをリニューアルしました!
; こんに ...
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み
; この度 ...
建築設備の未来へのイノベーション
...

Copyright © KURODA Mechanical & Electrical Design Co., Ltd. All Rights Reserved.

お問合わせ

お気軽にお問い合わせください。

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?